妊活の為の不妊治療という方法

人々の中には、なかなか子宝に恵まれない方が見られます。その場合は、不妊治療という選択肢も悪くないでしょう。それで妊活がスムーズになるケースも、しばしば見られるからです。
不妊治療では、まずタイミングを見計らう事から始めるケースがほとんどですね。段階を踏んで治療が行われるのですが、まずはタイミングが一番大切だと考えている訳です。
そもそも妊娠になるか否かは、タイミングの問題があります。適切なタイミングで夫婦の営みを行えば問題無くても、悪いタイミングで営むと、妊活で失敗する確率も高まる訳です。ですが不妊治療では、そのタイミングに関するアドバイスなども行ってくれます。

妊娠準備NAVI
しかし人によっては、そのタイミングが良くても上手く行っていない場合があります。その場合は、いわゆる人工的な手術が行われる事もあるのです。いわゆる人工授精などの方法を用いて、確実に妊娠できるような処置が行われる事もあります。
ただ人工授精にも、また色々な方法がありますね。体外や体内など様々な手段がありますが、基本的には手術が行われる前には、必ず医師から説明があります。その方の身体の状況に合わせた方法が、提案されるケースがほとんどですね。
いずれにしても不妊治療は、一定の効果は見込めます。なかなか子宝に恵まれない時は、それを検討してみるのも一法でしょう。

産婦人科での妊活から専門病院での不妊治療へ。

私は20代で結婚しました。結婚する前から自発的に生理がこないことから産婦人科へ通っていました。
結婚したことで妊娠を希望するようになり、医師に伝えました。
そこで妊娠するための体つくりと同時に病院で排卵誘発剤を処方してもらう不妊治療をすることになりました。
自分でできることをなるべくしようと思い、まず葉酸のサプリメントを買いました。
あまりたくさんの薬を飲むことは抵抗があったのでサプリメントはそのひとつだけで
なるべく体をあたためることを心がけたり、ストレスをためないようにしました。
二年ほど産婦人科に通いましたが、妊娠することができなかったため
通っていた医師から紹介された不妊治療専門病院への転院をすすめられました。
紹介状を書いてもらい受診したのでスムーズにはじめることができました。
検査した結果、多嚢胞性卵巣症候群ということがわかりました。
夫も精液検査をしましたが異常なく健康体だったので
産婦人科よりも強い排卵誘発剤でのタイミング療法をしました。
そして卵管造影検査を行ったところ片方の卵管につまりがっみられました。
その後日のゴールデンタイムと呼ばれる期間に妊娠することができなければ体外受精をすすめると言われましたが
無事妊娠することができました。

産前、産後とずっとルイボスティーを愛飲しています!

主人とは恋愛結婚でした。
結婚前は避妊をするのが嫌な人だったので、毎回避妊はしていなかったのですが子供が出来ることもなく結婚に至りました。

結婚したあと、以前と変わらず避妊をせずに排卵日を狙ってしていたのですが、なかなか妊娠することはなく自然妊娠は難しいのかなと思ったりしていたんです。
私なりの努力をしました、体は冷やさずにあたたかいルイボスティーを毎日たっぷり飲みました。
たぶんこれを飲んでたから妊娠したんじゃないかって友達にすすめられた命の母も毎日欠かさず飲みました。

すると結婚して一年ほど経った時に、生理が来なくなったんです、半ば諦めかけていた時だったので、生理予定日を過ぎてもなかなか気がつかなくて…生理予定日を6日過ぎた日にやっと生理がきていない事に気がついて!
あわてて妊娠検査薬を買いに行って調べてみると陽性反応!
トイレで思わずひとりで飛び上がって喜びました。
その後産婦人科を受診して、妊娠確定と先生から言われた時は診察室で涙が滲みました。
待望の赤ちゃんがお腹に宿っているのかと思うとそれだけでとても幸せな気持ちになりました。
妊娠前から飲み続けていたルイボスティーは妊娠中のつわり時期にも飲み続けていましたね!
続けてもう一人子供が欲しかったので、産後もずっと飲み続けていたらまた授かって!
今は二人の子育てでバタバタな毎日を送っています。

二人目がなかなかできません

現在、6歳になる子供が一人います。この子は、私が20代半ばの時に産みました。結婚したばかりの頃で、まだまだ仕事を続けるつもりだったので、あまり子供については考えていない時期でした。
でも結果的にはすぐに子供ができたので、私はそういう体質なんだと思い、二人目を早く作ろうとかは全く思っていませんでした。
一人目が3歳になって幼稚園に入った時に、同じクラスのママさんの間です二人目ラッシュがありました。年少の一年間の間に、5人くらいは妊娠していきました。そのこともあり、また幼稚園に入って余裕ができたこともあり、二人目を考え始めました。
ところが、1年ほど子作りを頑張ってみてもなかなかできません。一人目の時はすぐにできたのに何故だろうとだんだん焦りだしました。それから半年ほど頑張ってみても一度も妊娠しません。
なので、病院に行くことにしました。一人目の出産でお世話になった病院です。不妊の原因がないか一通り検査をしましたが、特に問題はありませんでした。主人も精子検査などをしましたが、至って健康です。
それから、タイミングを取るために何度か病院に通っています。通いだして5周期経ちましたが一度も妊娠しません。
自分で思い当たる原因としては、ストレスかなと思うのです。一人目の育児がとても大変で、明らかに一人目を妊娠した時とは精神状態が違います。また、アレルギーがひどくなったりと体調も悪いので、この体調じゃ妊娠しても大変かな、なんて思っています。
なので、食生活を見直しましたりなるべく添加物を使わない食品を食べるようにしています。外食も必要最低限です。自炊の時は和食を中心にします。それを続けていると、体調や精神面が上向いてきたかなと感じます。このまま調子がよくなって、妊娠できたらいいなと思います。